東京工業大学での勉強について | 東進ハイスクール五反田校|東京都

ブログ

2015年 5月 25日 東京工業大学での勉強について

みなさんこんにちは。鈴木峻介です。
本日は、私が通っている東京工業大学での授業について
書きたいと思います。

さて、私は今、東工大2年になり、
化学工学科応用化学コースに通っています。
まだ講義中心で、研究は行ってはいないのですが、
ゆくゆくは製薬、物質化学、触媒、環境エネルギー等、
多岐にわたる研究の中から自分の所属したい研究室を選ぶことになります。

さて、応用化学コースでは何を勉強しているかといいますと!

有機化学第二
文系科目×2(選択)
化学工学量論
無機化学第一
英語
物理化学
応用化学実験
実践応用化学

です!なんと英語と文系科目以外すべて化学!なんてったって、化学を応用するのですから!
今から各授業を簡単に解説するので、読み飛ばしたい人は↓へ!

有機化学
応用化学の花形といっても過言ではないのではないでしょうか。高校化学とは比べ物にならない量の
物質や異性体や反応を勉強していきます。有機化合物は、ほんの少し立体構造が違うだけで、
人間にとって良薬になることもあれば、毒物になることもあるのです。
そのため、化学に携わる者なら一生懸命勉強しなければなりません。

化学工学量論
化学工場での反応プロセスを計画する基礎となる授業。Excelを最大限に活用します

無機化学
有機化学同様非常に重要な授業。有機以外の物質を学ぶ

物理化学
量子力学を学びます。シュレーディンガー方程式をひたすら活用していきます。
興味があれば「シュレーディンガー方程式」で検索!

応用化学実験
2週にわたり、実質4日間で完結する化学実験。そのため、2週に1回
A4 10~20枚にのぼる実験レポートを作成します。
みんなヒーヒー言いながら作成しています(笑)

実践応用化学
学習したことを演習する授業です。

↓↓

他大学の2年生に比べて専門科目が多いのが特徴です。授業レベルは非常に高く、
ついていくのが大変ですが、わかってくると面白いものです。
一番好きな授業は有機化学!

化学を専攻しようかな…と考えているみなさん、
興味を持ったらなんでも質問してください!

ただいま実施中!!↓↓

部活生よ、大志を抱け↓↓

過去の記事