大学紹介②星薬科大学 | 東進ハイスクール五反田校|東京都

ブログ

2015年 4月 22日 大学紹介②星薬科大学

こんにちは!眞壁です。

今日は竹内さんに引き続き大学生活について紹介したいと思います。

私は星薬科大学(ほしやっかだいがく)に通っています。

 

五反田校の最寄り駅でもある池上線五反田駅でこんな看板を目にしたことがある生徒も多いのではないでしょうか。

なぜ星って名前なの?という質問をよく受けるのですが、ここで少し星薬科大学のルーツを紹介しておきます。星薬科大学は1911年SF小説作家として有名な星新一の父である星一(ほしはじめ)さんが星製薬という会社を設立し、その社内用の教育施設として誕生しました。明治時代まで歴史を遡れる老舗の薬科大学として今でも創業当時と同じ地にキャンパスを構えている地域密着型の大学です。

星薬科大学は薬学部のみの単科大学で、普通の大学にはない魅力がたくさんあります!

1つ目は薬用植物園です。

大学構内に薬用植物園がある大学は珍しく、品川区内にも関わらず3,000㎡の広さを誇ります。それを活かして生薬のスケッチの課題が出るので少し大変ですが、講義で出てきた生薬について帰り際に実物を見て匂いをかぐこともできるので重宝しています。

2つ目はこの大講堂とイチョウ並木です。大講堂は1924年に建てられた建物で、入学式や卒業式などのイベントが行われます。イチョウ並木は秋になると葉が色づいて見応えがあります。

五反田校からも徒歩20分ほどと近いので皆さんもぜひ息抜きに星薬科大学に来てみてください!!

最新記事一覧

過去の記事